2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11





ぴくしぶ





あかりちゃんおきてー

またオレンジ枠が消滅。
このブログからどんどんなのはが消えて行くwww

今日はちなあか!と見せかけて別のSSだよ。
ちなあかね…いざ書くとなると広げた風呂敷が畳めなくなりそうで怖い。
【さて、管理人から何か届いています】

朝からハイテンションなのだ、この人は。
今日に限ってのことじゃないし、元からこういうテンションだってことは重々承知の上だけども。
「一体何があったんですか?」
聞かずにはいられない。そもそも私が二人きりでこの人と歩いてるのがまず可笑しい。
「よくぞ聞いてくれたよ、ちなつちゃん!」
「はいはい、もう少しトーン押さえましょうよ」
「いけずぅ。ま、いーや!これ見てー」
「なんですか?」
一枚の封筒。なんでもないその封筒にあったのは「京子たんへ」と書かれていた。
裏を見てみると「管理人より」。え?
「読んじゃっていいよー」
隣で京子先輩がそう言うので中を開けて読んでみることにした。
嫌な予感しかしなかったけど。

―――

かたいあいさつはしないよ。
とりあえず、誕生日SS書いてあげなかったので
チーナとの一日デートを楽しんでもらおうと思って今書いてるから。
きっかけ?それはあとがきで書くから待ってろw

―――

「私の意思とかは無視なんですか?」
「みたいだね、現に今二人でいるじゃん?」
「管理人さんってちなあか推しですよね?」
「私に言わないでよ…あ、でも中に入ってたらくがき雑談に色々あったよ?」
「何がですか!?」
改めて見せて貰った。見たことを後悔したのは内緒だ。
「王道にハマれないタイプっぽいねー。ハマれないだけで好きは好きみたいだけど」
「らくがきの中にあかりちゃん総受けってのがありますよ?てか、お団子総受けってなんですか?」
「さすがあかり、って感じだよなー。皆お団子が好きなだけであかりは好きじゃないとか?」
そういう意味じゃないと思うけど…。
てか、管理人さんの考えてること分からない。
「つーか、デートって。どこに行くつもりなんですか?」
「それだよー…私も急にこれ渡されたからプランも何もなくて」
「あ、じゃ!私はこれで帰ってもいいですねw」
「ダメ。一日デートってあるし、何かはしないと。あ、あんなところにBOOK-ONが」
「え?」
「え?」
「え?行こうよ、折角だし」
「……はぁ、分かりましたよ」



店内は割と空いていた。…想像より店内が広かった、の方が正しいのか。
お馴染みのBGMや、店員の声を耳に適当に店内をブラつく。
京子先輩はさっきからミラクるんの限定版あったらいいな、とブツブツ言いながら
隣を歩いていたが、ある棚を見て私に話を振って来た。
「ちなつちゃん、見て」
「なんですか?…って人じゃないですか!?指差さないで下さいよ!」
「いやいや、あの人だよ。管理人」
「え!?」
「間違いないよ。封筒渡された時に私聞いたもん。管理人って貴女ですかーって」
「マジですか!?」
その時私の声が多少大きかったのか、管理人さん?らしき人と目が合った気がした。
目が合った気がしたけど、それから管理人さん?らしき人はその場からいなくなった。
「あれ?行っちゃった」
「イメージしてた人と違う…まあ、女の人だっただけで充分ですけど」
「ちなつちゃん、相変わらずだねぇ」
「えー……だって」
そこで私達は一旦言葉を切る。私達以外の人達が会話に入って来たから。



「やっぱりお前らか。随分騒がしいと思ったら」
「こんにちはー」
「あれー?魔法少女杏子ちゃんにアルティメットまどかちゃんじゃん」
「その呼び方やめろ」
「まあまあ、杏子ちゃん」
「お二人も買い物ですか?まさかデート…」
「あぁ?デートしてんのはお前らじゃねーのか!あたし達はたまたま会ったからちょっと一緒しただけだ」
「うん!勿論ラブラブデートの真っ最中~wねー、ちなちゅ」
「ちょ、そんなんじゃないですってば!まどかさんも見てないで助けて下さい」
この中で突っ込みに対応できる人……杏子さんしかいないけど。
た、頼みにくい。
非常に頼みにくい。
まどかさんに相変わらず助けを求めて見るが笑顔でかわされる。
「(ねえ、杏子ちゃん。ちなつちゃんそろそろ助けて欲しいみたい)」
「(んー?まどかが助けてやればいいだろ。それよりパック売りとバラ売りってどっちが得なんだ?)」
「(えー…でも助けにくい。京子ちゃん凄いんだもん)」
「(しょーがねーなー)」
―――ガツッ
「いったー。何!?杏子ちゃん、何でぶったの」
「槍だけど何か問題でも?」
「問題も何も痛いよ!」
「手加減したし平気だって!」
「うわーん!ちなちゅー」
「来ないで下さい!」
今度は捕まらない。まどかさんの方へと退却。
というか、騒がしくし過ぎだ。
お店から出た方がよさそうだ。
4人で仲良く外に出ると雲間から晴れ間が出ていた。


あとがき
という夢を見たんだ<挨拶
びっくりだよ、京子とちなつ確認しただけでも
どうにかなりそうだったのにその上杏子とまどかまでwww
しかも何故あんなフレンドリーに話してるの?
私の頭だから何か通じるものがあるの?ねえwww
[ 2012/06/05] ゆるゆりSS |