2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10





ぴくしぶ





おめでとう!

hhmm.jpg

向日葵さん誕生日。
続きからSS…ロクなものは出来ないwww
【だから祝う気全く0だろw】

「誕生日おめでとう!向日葵ちゃん」
「ありがとうございますわ、赤座さん」
今日は私の誕生日。とはいえ。
「向日葵ー、今日ケーキ食べるんだろ?私も行くから」
「行くからじゃなくて!少しは遠慮しなさいよ」
「えー、いいじゃん別に。毎年のことだし」
この幼馴染の相手をするだけでいつも終わってる気がする。
と、そこに席を外していた吉川さんが戻ってきた。
「ただいまー!ところで二人とも、今日生徒会ないって言ってたよね?」
「ないけどー。なんで?」
「うん♪ちょっとねー。あ、ついでにあかりちゃんも付き合ってね」
「ついで!?」
と言う吉川さんはどこか機嫌が良かった。



勘弁してよ。
下校する生徒達を見ながら思う。
そろそろ来てもいい頃だと思うんだけど。
―――
「あ、いたいた」
「……」
「吉川さん、この方は?」
「うわぁ!なんか負のオーラが出てる」
「櫻子ちゃん、失礼だよぉ~」
吉川さんのお知り合いらしい人を改めて見る。
なんというか……なんというのが得策なんでしょう。
「とりあえず場所…変えようよ。いや、変えて下さい」
「場所ですか?ここから一番近い…ごらく部?」
「学校の中以外で!つか、わざと言ってるっしょ…」
「ちなつちゃん、この人だれ?知ってるんでしょ」
「あ、あかりも気になるなぁ~」
「ごめん忘れてた。向日葵ちゃんの誕生日を祝ってくれる人だよ」
「え?私のですの!?」
そこで自分の名前が出ることになるとは思ってなく、暫くぽかんとなってしまった。
でもなんでこの方が私の誕生日を祝って下さるのか?という疑問がつい言葉に出てしまう。
「ちょw言ってないんか!!!!!」
「まーまー、場所変えるんですよね?んー…誰の家に行こっか」
「…………」
「一番近いのはあかりちゃんちだったっけ、大丈夫?」
「あかりは大丈夫だよぉ~」



赤座さんの家に行く道中。
私に向かってかけられた言葉。
「んで?向日葵ちゃんはどんな誕生日をお望み?君達中学生だしあまり過度なヤツはダメだけど」
「え…えっとそれはどういう?それより貴女は一体…」
「管理人。名前は答えることはできません」
「?管理人って何してる人ー?このおっぱい魔人の誕生日を祝うとか」
「基本君達の誕生日祝ってあげる人でいいでしょ…説明するの好きじゃないんだよ」
「それに向日葵ちゃん!管理人さんにお願いすれば、ホントになんでも言うこと聞いてくれるよ!」
「なんでもは聞かねーよ、ちょっとそこのピンク」
「……私の都合関係なしに京子先輩と一日デートさせたのどこの誰ですか」
「あかりちゃん、話入ってきて!存在感薄くなって来てるよ!!!」
「え!?あ。そうしたらもし向日葵ちゃんがお姉ちゃんが欲しいって言ったら管理人さんはどうするんですか?」
「ええ!?言いませんわよ、そんなこと」
「大室家に嫁がせる、以上」
「ああ」
「嫁ぐ?」
「な、な、な!」
「なんで櫻子と結婚しなければいけませんの!」
自爆したような気がしたけれども気にしてられませんわ。
そうこうしてるうちに赤座さんの家に到着。
でも…私の誕生日を祝ってくれるとは言っても、正直欲しいものなんて。
「ない?」
「ええ。管理人さんを信用してない訳じゃありませんが、欲しいものは特に」
「そんなこと言って櫻子ちゃんとBまでならいけるけどどーよ?」
「なんですか、その古い表現」
「自分は真っ先に結衣にゃんとCまでいきたいとか言うくせに。いかせないけど」
「ちなつちゃん、BとかCってなぁに?」
「あかりちゃんは知らなくていいの」
「あかりちゃんは夏にちなつちゃんとAしたじゃn」
「管理人さん、黙って下さい♪」
「顔が怖いよ、ちなつちゃ~~~~ん、っと。おトイレ借りるよ、あかりちゃん」
「あ、はい。どうぞ、えっと場所は…」
管理人さんが席を外した途端、吉川さんが不満を垂れ流し始めた。
「そもそもあの人は誕生日が来る度に七森に来てんのかな」
「ふぇ?どういうこと、ちなつちゃん」
「この間、京子先輩の誕生日の埋め合わせとか言って私も巻き込まれたんだけど近くにいたし」
「それじゃ……管理人さんは七森の人ではないと?」
「管理人は超能力者だったのかー!」
「なんでそうなりますの」
「でもなんでも聞いてくれるんだから言わなきゃ損だよ?向日葵ちゃん」
と、何か言おうとしたところで管理人さんが戻ってきた。



「ところであかり様。お姉様のお部屋はいつも立ち入り禁止なん?」
「えっと…昔はそうでもなかったんですけど最近は…」
「あかりちゃんに突っ込みは無理か、口調に突っ込んで欲しかったけど」
「え!?ごめんなさい」
「いえいえ。開けたくなる好奇心は捨てた方がいいよ」
「なんで私にだけ顔向けて言ってるんですか、管理人」
「だってこの中じゃ櫻子ちゃんが一番開けそうだし」
「何見たんですか」
その吉川さんの問いに答えずに、管理人さんは私の方へとやって来る。
そして私にだけ聞こえるような声で一言。
「櫻子ちゃんに可愛がられるペットコース、向日葵ちゃんが理性を失くすオオカミさんコースどっちがいい?」
………………なんですのー!?
いやいやいや、なんですのー!?
「あの、プレゼントならいらないと」
「まあまあ…今言った二つならどっち選ぶのかなぁって思っただけ」
「そ、そういうことでしたの。って!どっちもよくありませんわ!!!」
「えー?」
「そう言えば管理人さん。七森にはどうやって来てる訳?すぐ帰るの?」
「おーこーたーえーでーきーまーせーんー」
「謎だなぁ、管理人は」
「向日葵ちゃんが私が用意したプレゼントも蹴ったので、もうここにいる意味はなくなったのだけど」
「あ、当たり前ですわ!あ、あ、あんな……」
「用意してくれたプレゼントってなんだったの?向日葵ちゃん」
「赤座さんは知らない方がよろしいですわ」
「あかりって今日そればっかりだよねぇ!?」
「でも帰らないじゃない」
「21日西垣ちゃんの誕生日だからねー。行ってすぐまた来るの面倒なんだよ」
「「「「西垣先生!?」」」」
「何!?」
「管理人死ぬよ?」
「ちょっと櫻子…でもそうですわよね、爆発オチが目に見えてますわ」
「させないさせない。平和な一日にして見せるさ」
「どうだか……」
「西垣ちゃん誕生日までどこにいようかな…こっちでは勝手も知らないし」
「それならあかりn」
「さくひまはこれから古谷家で二家族合同で誕生日パーティでしょ?」
「そうですけど…」
「略すなよ、管理人」
「しょうがない、ピンクの家にお世話になるかぁ」
「え、なんで?」
「お姉さん、ともこさんと話したいから!おk?」
「ええーーーーー」
「ごめん、あかりちゃん。あかねさんとは話したくないの」
「お姉ちゃんはとっても優しいですよ?」
「うん!だから話したくないの…さくひまピンク、ここらでお暇するベ」
「だから略すなって」
「ピンク五月蠅い!それとまだ私家にあげる気ないんですけど」
「あげてくれなかったら結衣にゃんに手出す」
「さ!早く家に向かいましょう!管理人さん」
そんな吉川さん達の会話をよそに私達も赤座さんの家を出るのだった。


あとがき
一応向日葵誕生日SSで向日葵一人称。
なんか前回管理人書いてて楽しかったから出したら展開がおかしな方向にwww
あれれ~おかしいぞ~……ハイ、黙ります。
[ 2012/06/16] ゆるゆりSS |