2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11





ぴくしぶ





二週間も更新してないとか嘘やwww

abd.jpg

あかりちゃん誕生日おめでとうー!!!
……天使可愛い主人公をいつものように祝わないSSは続きから。
【あかりちゃんのお団子を引っこ抜き隊】

「え、えええ!?もうやっちゃったとか嘘だッ!」
「嘘言ってどうするんですか」
「ちょ、ちょっとチーナさん。私にも解かるように説明を」
「…どうせ管理人さんが来るのは皆知ってたので、あかりちゃん誕生日は夏休み前に祝おうってことになって」
「うん。なんで?」
「そもそも疑問を抱きたいのはこっちなんですけどね…」
「ペンが動いてないよ?ちなっちゃん」
「管理人さんこそ私に色々説明するべきなんじゃないですか?」
「あれ?ともこちゃんから聞いてないの?」
「待って。なんでお姉ちゃんが出て来るの?妙に馴れ馴れしいし!」
「わかったわかった。説明すりゃいいんでしょ」

~回想~

夏休み始まる頃から上がり込むかー。
つっても今日は終業式だろうし、何時に突撃すんのがベストかなー。
……おや?あれは確か。
「あら?前に泊まり込みで来てたちなつの…」
そう、吉川家のお母様だ。あの時はともこさんが上手く誤魔化したって聞いたけど…
「こ、こんにちはー」
「丁度良かったわ、先生。また暫くこちらにいる予定なら頼みたいことがあるの」
「え?あ、はい」
あれ?お母様、今なんつった?
「ただいまー」
「おじゃましまーす」
「おかえり、お母さん…あれ?」
「そこで会ったから連れて来ちゃった!」
来ちゃった!じゃねえよ。ともこさん助けて。
………
……

つまりはこういうことだ。
ともこさんの誤魔化しとやらは、ちなつのカテキョーと咄嗟に言った方便であり
お母様にとっては夏休みに入る今、私が来たことで逃がす手はないと踏んだのだ。
泣いていいっすか。

~回想終了~

「……で?」
「で?じゃないよ。目標は7月までに宿題は終わらせる」
「管理人さんなのに?」
「私さぁ。これでもあかりちゃんへの誕プレ用意してんのよ?とりあえず今日のノルマはクリアしてよ」
「って言われても。家庭教師として振舞うなら少しは宿題見て下さいよ」
「文系オンリーだけどいいの?」
「見てくれないとあかりちゃんのプレゼント渡せないかもしれませんね♪」
「はいはい」
「やっぱりプレゼントはなんでも言うこと聞いてくれるってヤツですか?」
「主人公だよ?そんなん要らないって言うに決まってるじゃん」
「……ピッピッピ」
「ちょっと待て。どこにかけてる?」
「あ、あかりちゃん?うんそう。管理人さんがプレゼント用意してるって。今から来れる?」
「マジか」

あっかり あっかり

あ し お と w
来る前に分かる程ってどうなの?足音だけでも存在感?ああ、そっか。
「ちょっと聞いてます?」
「んあ?」
「あかりちゃん来たみたいなんで迎えに行って来ます」
やっぱり足音でw
っと、プレゼント出して置かないと。
大体あかりちゃんにプレゼント渡さなかったと聞いたら
ラスボスのあかねねーさんに知れたら私この世にいねーよ。
「こんにちはー!管理人さん」
「こんにちー。誕生日おめでとー!プレゼントフォーユー」
「うっわ。思いっきり日本語発音」
「日本人だもん、英語なんていらん。ほら、あかりちゃん」
「あ、ありがとうございます!」
「プレゼントって何?教えてよ、あかりちゃん」
「ちなつさんはあと少し残ってる宿題やろうか?」
「そういえば、管理人さん。ちなつちゃんの家庭教師になったんですよね?」
「聞いたの?なったんじゃなくて気づいたらなってたの。ま、夏休みはこっちにいるよ」
「わぁい♪あかり、管理人さんといっぱいお喋りしたかったんだぁ!」
「だったらあかりちゃんの家庭教師になればいいのに」
聞こえてるぞ、チーナ。
というか、だ。夏休みの宿題ってこんなにぬるかったっけ?
この量なら充分7月に終わらせること可能だろうに。
あ、やる気の問題か。……宿題のやり方って性格出るよね。
「あかりちゃんはコツコツ宿題やってそうだなぁ。夏に宿題関係で泣いたことないでしょ?」
「えへへ、それほどでもないですよぉ。管理人さんはどうだったんですかぁ」
「泣くバカが信じられないタイプ…もとい7月に終わりたいタイプ」
「だからって私にもあんな7月中に終わらせろとか言われても」
「あー、あれはお母様からの意見もあるから」
「だって。ちなつちゃん」
「うん、あかりちゃんはもう帰っていいよ」
「ええ!?あかり、今日誕生日で主役だよね!」
「プレゼントは落とすべからず、以上だ!」
「え!え!!?何?何が入ってるの、これぇ」
あかりちゃんは可愛いなぁ。
京子たんの気持ちが痛いほど分かるわ。
「結局、何あげたんですか…」
「お団子のレプリカ」
「はぁ?」
「嘘だけど」


あとがき
夏休み中は吉川家にずっといることになるのは最初から頭にあった。
それ以外頭になかったからこうなったwww
[ 2012/07/24] ゆるゆりSS |